愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

矯正治療Q&A

 

 

静間 保険診療と自費診療の違いについて知ろう。安全性に現れる違いということでご説明していきたいと思います。保険診療と自費診療ですね。自費診療というのはこれ、自由診療とも言いますけども、保険外診療だと思ってください。これの安全性についてご説明していきます。まあ、驚くべきことに、保険診療というものが安全な診療ではないということは最初に言っておきます。この保険診療と自費診療というものは、素材によって安全性が異なってくるとも言われております。

銀の詰め物・被せ物には、金属アレルギーのリスクが伴うということですね。銀歯は金属を使用した詰め物であります。金属をお口の中に入れるという金属アレルギーのリスクが発生してくるということになります。私は大丈夫かな?というふうに思われている方も多いかと思いますが、金属アレルギーというのはいつやってくるかわからないですね。突然発症するものになります。これが怖いですね。

その数は10人に1人以上と言われております。特に日本人は金属アレルギーが多いと言われております。たぶん、日本の保険診療野中のほとんどを占めてる治療になりますので、銀歯が入ってない方を見つけるほうが難しいぐらいだと思うんですけれども、昔から当たり前のように行われている治療がこの銀歯を使った治療になっております。

実は海外では、もう金属は禁止してるところが多いんですね。特に発展途上国は別ですけども、先進国の中で銀歯を保険診療でバンバン入れてるというのは、まあ日本ぐらいだと思います。特にドイツでは、幼児および妊婦に銀歯を使用しないというふうな勧告も出ております。当然これを破ってしまうと罪になりますので、金属アレルギー対策というものを本気になって考えていかないといけないと思われます。

セラミックの詰め物・被せ物の場合は金属を一切使用しておりません。金属じゃなければ何でもいいのかというと、そういうわけではありません。やはり金属以上の耐久性と見た目を要する。見た目は白くなれば、金属よりはいいかもしれませんが、やはり耐久性ですね。硬さだけではなくて、いかに、摩耗性と言いますけども、いかに長く持ってくれるか。このへんをやはり被せ物・詰め物に関しては要求されるのではないでしょうか。

セラミックの詰め物を選択される方というのは、年々、実は増えております。自費診療、保険診療という枠はありますけども、単純に、やはり金属は嫌だと。見た目が嫌い。それから、金属アレルギーが怖い。そういうことからセラミックやセラミックに順した白い歯にされる方が非常に多くなっていると思います。これは当院でも明らかにそのような結果が出ております。

虫歯治療というと、すぐに銀歯をはめられると思っていられるかもしれませんけども、これは保険診療ですので、致し方なくやっているということなのであります。我々も患者さんにはいろいろな治療提供、いろいろな種類を提供していきたいと思っておりますので、ご要望がありましたら何でもおっしゃっていただければと思います。

当院、静間歯科医院では、極力患者様に優しい安全な治療をお薦めしております。保険診療が悪いということではありません。ただ、保険診療ではすべてのことを賄えないということも事実であります。長く持って、安全性もよく、そして見た目もよい詰め物・被せ物を提供できればいいかなと思っております。

自費診療は保険診療と比較して高価な治療ですけども、健康・見た目を意識した際には決して高すぎる治療ではないと思います。長い目で見てください。後悔のない選択をしていただけるとありがたいと思います。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン

お問い合わせ

お問い合わせ