愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

虫歯と歯周病とでは何が違うのですか??

虫歯と歯周病(歯槽膿漏)とでは、おおまかに言って原因となる細菌の種類と取り付く部分とが違います。

 ミュータンス菌に代表される虫歯菌は好気性菌で、名前の通り空気のある環境を好みます。つまりもっぱら歯の表面にこびりついた歯垢(プラーク)で繁殖し、そこから歯の表面を形作るエナメル質の部分に広がり、酸を分泌して蝕んでゆくのです。ひいては歯に深い穴を開けてしまいます。

 対する歯周病は、人類の歴史でもっとも感染者数の多い感染症とされていますが、その原因となる歯周病菌は空気を嫌う嫌気性菌なので、歯そのものよりもむしろ歯肉、つまり歯を支える粘膜組織に溜まった歯垢の奥深くで繁殖することが多いのです。歯垢から歯肉の奥へと広がっていった歯周病菌は炎症を起こし、放っておけば歯肉をぐずぐずに壊してそれが支えていた歯を抜けさせてしまうばかりでなく、歯の基礎となっている歯槽骨をも侵し、さらに悪化すれば全身に菌の毒素が回って脳梗塞、心筋梗塞や糖尿病等の重い致命的な病気の原因となることも分かっています。

 どちらが恐ろしいかと言えば、ただ歯の表面だけを漫然と歯ブラシで磨いているだけでは取りきれない場所に潜む歯周病菌の方が脅威です。とりわけ、初期の軽い炎症を起こした歯肉と歯との間に狭く深い隙間、いわゆる歯周ポケットができてしまうと、歯周病菌の格好の繁殖場所となります。これを予防するためには日常の丹念な歯磨きで歯垢を落とすことはもちろん、歯医者さんでの定期的な検診とクリーニングがきわめて有効です。深い歯肉ポケットはもちろん、鏡を使わなければ見えない歯の陰になった歯肉の手入れは自分では難しいですから、歯ぐきから出血したり、口臭がきつくなったり等の症状に気づいたならばもちろん、それ以前に、頻繁に歯医者さんに通って診ていただくことが強く進められます。歯肉以外にも、歯の表面で唾液と混ざり合った歯垢が化石化したものである歯石のクリーニングも、特殊な器具と技術を用いなければ難しいですから、これも歯医者さんでやってもらいましょう。歯石は放置すれば細菌を繁殖させ、虫歯と歯周病の双方の原因となります。

 また、他の歯のようにきちんと生えて来られず、変に倒立した形で歯肉に埋まったままになることが多い親知らずも、歯周ポケットを作ってしまう原因となりますから、こちらもできるだけ早めに歯医者さんで抜歯してもらえばよろしいでしょう。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン

お問い合わせ

お問い合わせ