愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

虫歯は放っておいたら自然に治りますか??

歯医者さんによれば、ごく初期の虫歯ならば、削ったり抜いたりせずとも、自然治癒させることが可能だと言うことです。虫歯菌が歯の表面のエナメル質を侵し始めた段階であれば、「再石灰化」という身体自体の機能によって、溶けた部分が修復されるのです。歯のエナメル質が溶かされるのは、環境が酸性になってそこからカルシウムやリンといったミネラル(無機質)分、言わばセメントが奪われてしまうからで、この過程を「脱灰」と呼びます。「再石灰化」とは、唾液中に含まれるミネラル分がアルカリ性の環境の下でエナメル質に戻されることです。言い換えると、虫歯とは「再石灰化」の働きが「脱灰」の働きを補えきれなくなった状態を指します。

 再石灰化を促進して虫歯を自然治癒させるためには、幾つかの条件が満たされなければなりません。第一に、虫歯菌のそれ以上の繁殖を防ぐため、歯垢を徹底的に取り除くこと。第二に、口の中の環境を再石灰化に適したアルカリ性にすること。そのために、酸を分泌する虫歯菌を取り除くこと。また脱灰を促進する糖分等の摂取をしっかりコントロールすること。お菓子等を食べた場合はすぐに歯磨きをすること。

 虫歯がエナメル質を貫通し、その下の象牙質に達してしまったら、もはや再石灰化による自然治癒は無理です。象牙質が侵された時点でだいたい歯の痛みを自覚するのですが、その時点ではもう手遅れになっているということです。

 ですから生半可な知識で自然治癒に期待するよりも、日頃の丹念な歯磨きによって歯垢や歯石を溜めない予防の方がずっと重要だと言えます。本当に自然治癒したのかどうかも、歯医者さんでレントゲンをかけなければ分かりません。そもそも、痛みの自覚のない段階では虫歯にかかっているかどうかすら自分では判断し難いものですから、歯医者さんでの定期検診がたいへんに重要です。

 また、歯へのフッ素の塗布が再石灰化を助けるという説も有力なので、これについても歯医者さんの意見をうかがえばよろしいかと思います。ただし、WHO(世界保健機構)等がフッ素塗布に肯定的であるのに対し、同じ国連機関であるユニセフ(国際緊急児童基金)はフッ素を人体に危険な物資であるとして反対する立場です。日本でも、フッ素に賛成の歯医者さんも反対の歯医者さんも両方おられます。できれば複数の歯医者さんの意見をきちんと聞いた上で、ご自分で判断されるのがよろしいでしょう。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン

お問い合わせ

お問い合わせ