愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

歯を磨かなくても虫歯にならない人は体質によるものなのですか?

虫歯にならない体質の人というのは、気のせいではなく確かにいます。それを理解するには、まず虫歯が感染症であること、まったく健康な人の口の中にも常に多くの細菌、つまり「口腔常在菌」が存在していること(口の中だけでなく、人体には無数の細菌がいて、それらは生命と健康を維持するために絶対に欠かせない共生者なのです)、の二つを知っておく必要があります。

 歯医者さんによれば、人間の口の中の常在細菌の状態は生まれてから3歳くらいまでにできあがります。この間はとてもデリケートな時期で、もし外部から口の中に余計な細菌が大量に侵入すると、常在細菌のバランスが壊れ、例えば一生涯、虫歯菌が優勢な状態になってしまいかねません。子供を可愛がるあまり、大人が口移しで食べ物を与えたりするのはもってのほか、食器を共有するのも極力避けるべきだと言われています。

 逆に、幸運にも子供の時期に口の常在菌のバランスが良い環境を作り上げられた人が、大人になってから虫歯菌に容易に感染しにくい「体質」をめでたく手に入れたことになるわけです。とは言っても、そのような人はあくまで虫歯に「なりにくい」のであって、完全に虫歯から免れているわけではありません。虫歯は、人類が進化のどこかで拾って来てしまった、遺伝子的な宿命の病気なのです。虫歯になりにくい体質だからと言って歯磨きをせずとも良いと言う歯医者さんは、たぶんおられないでしょう。

 また、虫歯になりにくい体質は、歯周病とは無関係です。虫歯菌と歯周病菌は別の種類であるばかりか、歯周病菌の方がずっと凶悪で性質の悪い細菌だからです。長期間にわたって歯磨きをしないでいると、歯の表面への虫歯菌の感染は起こらずとも、歯と歯肉との狭い隙間に溜まった歯垢(プラーク)の、あるいは歯垢が唾液と混じって歯にこびりついた歯石の奥で繁殖した歯周病菌が、知らないうちに歯肉を冒しているかも知れません。歯周病が歯肉や歯槽骨を壊してしまえば、健康だった歯もひとたまりもなくぼろぼろと抜け落ちてしまうのです。なまじ歯が丈夫だから歯周病を自覚するのが遅れ、歯医者さんに駆け込んだ時はかなり手遅れ……ということもあり得ます。

 ちなみに、虫歯になりにくい人は歯周病になりやすいとよく言われていて、歯医者さんの中にも経験的にそれを認める方がおられますが、統計に基づいた研究によれば両者の間にはっきりした関係はないそうです。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ