愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

喫煙と虫歯は何か因果関係はありますか??

喫煙は呼吸器だけでなく全身の器官の疾患と関連性があることはある程度周知の事実になっていますが、実は歯にも大きな影響を与えてしまいます。半田市の歯医者でも喫煙者と非喫煙者では歯茎の健康や色に大きな差があり、特にインプラントなど特殊な手術においては半田市の歯医者でも喫煙を禁止しているところもあるほど甚大な影響を与えます。

こうした中、半田市の歯医者でも近年危険性が叫ばれているのが喫煙と虫歯の関係です。半田市の歯医者でも甘いモノを食べると虫歯になるということは何度も注意されることですが、一見虫歯と喫煙は関係がないように思えます。しかし、虫歯発生のプロセスと喫煙習慣には無視できない因果関係があることがわかってきたのです。ここでは半田市の歯医者での治療例などから喫煙と虫歯の因果関係について見ていきましょう。

まず虫歯発生のメカニズムを半田市の歯医者での例から整理しておきましょう。よく歯を磨かないと虫歯になると言われますが、これはプラークコントロールという言葉が関係します。咀嚼器官である口には毎日のように食べ物が運び込まれますが、食べかすなどは口の中に残ると歯垢として滞留してしまいます。この歯垢はいわゆるプラークと言われるものですが、プラークは口の中にいる限り様々な細菌の温床となってしまいます。そのため半田市の歯医者でも虫歯予防のためにはまずこのプラークが口の中に留まらないようにすることを重要視していますが、喫煙によってプラークが停滞しやすい環境になってしまいます。

喫煙による悪影響のひとつとしてビタミンCの欠乏が常識的なこととなっていますが、実は一本のタバコを吸うことで一日に必要なビタミンCを破壊してしまうと言われています。ビタミンCは肌や粘膜など身体の様々な組織にとって重要なものですが、歯茎の健康を維持するためにも重要な意味を持ちます。しかし、喫煙によって恒常的なビタミンCの欠乏状態が発生すると粘性のプラークが歯茎や歯周ポケットに溜まりやすくなってしまいます。プラークが停滞した結果虫歯になるということは先程もご説明しましたが、虫歯だけでなく歯周病や歯槽膿漏など様々な病気の主要因となってしまいます。この他にも喫煙はヤニによる黒ずみなど審美面でも悪影響を与えてしまいます。

そのため予防歯科を行う半田市の歯医者でも出来る限り患者の方には禁煙をおすすめしています。もちろん喫煙は個人の趣向によるところが大きいので矯正は出来ませんが、虫歯を定期的に発症させてしまっている方などは一度見なおしてみることをおすすめします。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ