愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

冷たい飲み物を飲んだら、歯がしみるのですが、これは虫歯ですか??

虫歯は重度になると耐え切れないほどの激痛を伴うので、半田市の歯医者でもこの段階ではほとんどの方が耐え切れずに通院されますが、虫歯は突然このような症状が現れるものではありません。半田市の歯医者でも訪れる方の症状に大きく差がありますが、全く初期症状の無い虫歯から冷たいものがしみる程度の虫歯、そして強烈な激痛が走る虫歯と段階を経て症状が進行していきます。

そのため半田市の歯医者でも出来るだけ早い段階で通院することが望ましいのですが、冷たいものがしみる程度では通院されず放置される方が多いというのが実情です。ここでは半田市の歯医者での治療例などから、冷たいものがしみる時どのような状態になっているのかを見ていきましょう。

まず虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌が酸を放出し、歯の表面のエナメル質を溶かしだすことからスタートします。これは自覚症状の無い初期虫歯で、半田市の歯医者でも健診などで発見されない場合はほとんどの場合自分での発見は不可能です。この時に甘いモノを口にした際浸透圧の関係で甘いものがしみることはありますが、まだこの段階でも通院される方は少ないと言えます。

次に虫歯菌がエナメル質を通過し象牙質に到達すると、冷たいものがしみるという段階に達します。この段階で虫歯だと気付き通院される方も多いのですが、中には症状の似た知覚過敏症だと勘違いされる方もいらっしゃいます。知覚過敏症は冷たいものがしみるなど初期の虫歯の症状と非常によく似たものなのですが、その痛みの発生源やその後の進行などは虫歯とは全く異なるので注意が必要です。

このように冷たいものがしみるという症状は虫歯と知覚過敏症で似ている部分が多いので、必ずしも歯がしみたからといって虫歯であるとは言えません。しかし、虫歯であるならばその後冷たいものや何かを口に入れた時以外にもズキズキとした痛みが発生するようになります。その後は虫歯特有の強烈な痛みが時間を問わず現れるようになるので、この段階では半田市の歯医者でもほとんどの方が通院されます。

しかし、半田市の歯医者でもそうですがこの段階で通院を開始してもかなり虫歯が進行しているので、神経を取り除いたり場合によっては抜歯をするなどかなり治療も大掛かりなものになります。そのため半田市の歯医者でも虫歯の早期発見と早期治療を治療方針として掲げていますが、先程も申し上げた通り初期症状では知覚過敏症などその他の症状との区別が難しいというのも事実です。

そのため少しでも違和感を感じれば通院するという心がけが重要になりますし、半田市の歯医者でも行われている定期検診などで事前に虫歯を発見するという事も重要です。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ