愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

虫歯になったら歯を抜かなけばいけないのでしょうか??

半田市の歯医者でも虫歯は多くの方が治療を行っていますが、通院中の状況によってその治療は大きく異なります。半田市の歯医者でも虫歯治療の最悪のケースと言えば歯を抜かなければならないという状況ですが、必ずしも全ての虫歯で抜歯が必要になる訳ではありません。ここでは半田市の歯医者の例を見ながら虫歯の進行度合いによる治療の方法と、抜歯を行わなければならないケースについて見ていきましょう。

まず半田市の歯医者だけでなく全国的に共通することですが、虫歯は初期段階で治療を開始すればするほど軽度な治療で済むということです。虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌が歯を溶かす酸を放出することにより発生しますが、初期段階ではエナメル質の表面を溶かす程度で自覚症状もほぼありません。そのため半田市の歯医者でもこの段階では症状を訴えて来院される方もいないので、ほとんどの場合次以降のステージで来院されることになります。

エナメル質を溶かし出した虫歯は次に象牙質に到達します。この段階では甘いモノや冷たいものがしみるという自覚症状が現れだすので、この段階では半田市の歯医者にも通院を開始される方が多くなります。

虫歯はこのようなごく初期段階で治療を開始すれば表面の虫歯を削って詰め物を行うだけで治療を終えることが出来るのですが、この段階を長期間放置すると何もしないでも突然痛み出すという状態になります。

冷たいものや熱いものなど外部の刺激が無いにも関わらず突発的に痛くなるということは、虫歯菌が神経にまで到達していることになります。この頃にはズキズキとした痛みから耐え切れないほどの強烈な激痛を引き起こすので、半田市の歯医者でもこれまで我慢していた方もほとんどがこの段階では治療を開始されます。この段階では神経が壊死していることが多いので、抜髄と呼ばれる神経を取り除く治療が行われることになります。しかし、神経の壊死だけでなく根の部分に膿が溜まるような重篤な状態になれば抜髄だけでなく歯を抜くという抜歯が必要になることがあります。

このように歯の治療は半田市の歯医者でもそれぞれの段階に応じた治療方法があり、抜歯は最終手段という位置づけになります。抜歯をした場合にはその箇所にブリッジや入れ歯などの処置が必要なのは言うまでもなく、その他の残存する歯の健康寿命も引き下げてしまうので、理想はもちろん抜歯は行わない方がよいのです。そのため半田市の歯医者でも早期発見のために定期検診などを推奨しているので、ぜひ最寄りのクリニックで健診をお受け下さい。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ