愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

虫歯治療Q&A

妊娠しているのですが、治療を受けても大丈夫なのでしょうか??

半田市の歯医者には老若男女数多くの方が虫歯や歯周病など様々な治療のために通院していますが、中には妊婦の方もいらっしゃいます。赤ちゃんがお腹の中にいる時にはお酒やタバコはもちろん普段飲んでいる薬などにも気を使いますが、半田市の歯医者でも歯科治療はどの程度が許容範囲なのかよく質問をお受けします。ここでは半田市の歯医者で行われている歯科治療と妊婦の方の治療方針について見ていきましょう。

まず半田市の歯医者だけでなく全国的に共通認識となっているのですが、基本的に妊婦の方であっても歯科治療は可能です。しかし、半田市の歯医者でもそうですが、個々のクリニックによっては妊娠時期や行う治療内容によっては治療の延期をお勧めする場合があるので注意が必要です。まず注意して頂きたいのが妊娠初期の2ヶ月から3ヶ月の期間での歯科治療です。この時期は非常に流産しやすい時期でもあるので、歯科治療のみならず激しい運動やその他の医療行為など多くの事に気を使われるでしょうが、歯科治療も急を要するもので無い限りは延期した方が無難と言えます。

その後安定期に入ると虫歯の治療を含む様々な治療が可能になります。半田市の歯医者でも出産後は育児に追われ中々通院が出来ないので、この時期の治療をおすすめするほどですが、こちらもいくつか注意するポイントがあります。

まず大事なのが問診票にしっかりと妊婦であることや現在妊娠何ヶ月であるかなどをしっかりと記入しておくことです。レントゲン撮影や局部麻酔などは妊娠中でも問題はありませんが、投薬の方針など産婦人科の主治医の方と相談が必要な場合も多いので、特に見た目で妊娠していると判断出来ない初期の頃には必ず問診票に詳しく記入を行って下さい。

このように基本的には妊娠中であっても基本的な歯の治療はスムーズに行うことが出来ますし、逆に虫歯などを放置しているとストレスなど母子ともに悪影響となってしまいます。そのため妊娠中であっても半田市の歯医者には通院することは可能ですが、実は妊娠中ならではの歯のリスクというものも存在します。昔は子供が出来ればカルシウムを取られ歯がボロボロになるなど言われていましたが、このように極端な例ではなく単純に虫歯のリスクが増えるということは起こりえます。妊娠中は口腔内が酸性に傾きやすく細菌が発生しやすかったり、食事の回数や周期が不規則になるなど、歯周病や虫歯のリスクも相対的に高まります。

そのため妊娠中であっても半田市の歯医者などで定期検診や日々のセルフケアを怠らずに、しっかりとメンテナンスを行って下さい。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ