愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

矯正治療Q&A

ジルコニアセラミックのデメリット②

 

静間 次に、ジルコニアセラミックのデメリットについてご説明いたします。当然、保険診療外のため、治療費が高額となります。保険診療では3割負担でありますが、自費診療は10割負担、全額負担となります。当然、医院によって設定費用が違いますので、一概には言えませんが、比較的高額な費用がかかると言われております。

 

さあ、ジルコニアセラミックのメリットは何でしょう?これは、被せ物の中で、耐久性が最も高いということです。さらに、ジルコニアセラミックの良さの一つとして、噛むところ、機能するところにはジルコニアを、見えるところはセラミックという二つのものを一つに合わせた、いいとこ取りをした被せ物ということです。特にこれは前歯によく使われると言われております。

 

また、セラミックやジルコニアと一緒で、汚れがつきにくくて、着色もしにくいと言われております。当然、表面はガラスのようにつるつるですから、傷もつきにくく、ものもたまりにくくなっております。歯ブラシもしやすく、着色もしにくいと言われております。

 

当然、プラスチックと違って、歯茎と被せ物のあいだの溝に細菌がたまるということもあまりありません。プラスチックは、冷たいものを飲むと、収縮して、暖かいものを飲むと傍証すると言われております。長年の結果、このような、写真のように、歯茎が下がって、もしくは被せ物が収縮したり膨張したり、変形することによって隙間が生じてしまう。この黒いところは虫歯になってるかもしれません。どうしてもプラスチックではこのようなことが起きてしまうと言われております。

 

また、金属を一切使っておりません。アレルギーのリスクが全くありません。これもメリットの一つと言えるでしょう。ジルコニアセラミックは、デメリットがほとんどない、最高級の被せ物です。これは品質とともに、見た目と、もしくは機能的なものも兼ね備えたものではないでしょうか。ジルコニアセラミックは奥歯でも前歯でも使うことができますが、主に前歯に使うことが多いですが、たぶん、被せ物の中ではいま一番、見た目が綺麗で、機能も長く、長持ちをするというものではないでしょうか。メリット・デメリットを正しく理解して、後悔のない選択をしてください。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン
ライン友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせ