愛知県半田市の歯医者さんなら静間歯科医院へ。小児矯正・成人矯正、インプラント、セレック、ホワイトニングなど

駐車場15台完備

0569-21-0066

お問い合わせ

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

矯正治療Q&A

金属アレルギーがあります。矯正治療出来ますか?

金属アレルギ-で苦しんでいる人が沢山おられます。体内に金属が溶け出して人体の構成要素である蛋白質と合体して金属淡泊複合体を作り出して、それが抗体となってアレルギ-症状が起きるのです。特に汗の沢山出るところは、この抗体である金属淡泊複合体の濃度が高くなり症状が出やすくなります。半田市の歯医者さんの集まりでは、しばしば話題になっており、金属アレルギ-の患者の治療は、一般の治療と異なる手法をとることが求められるからであります。金属アレルギーの原因として、いの一番に考えられるのは、昔受けた歯科治療で口腔内に存在する金属歯からの金属の溶出です。それが口の中で唾液の影響もあり、コンスタントに溶けだしていることがあります。当時は、半田市の歯医者さんも含めて日本中の歯医者さんは、何らの迷いなく、金属歯を治療ということで口の中に作り続けていました。それが長い間に 金属アレルギ-発生の下づくりをしてきたのでした。現在では、金属の歯の代わりにレジン等の金属でない物を使用して治療したり、すでに発生している患者さんの場合、口の中の酸性度を上げないようにPHコントロ-ルを積極的に進める、あるいは歯軋りや咬み合わせを減らして金属が溶けにくくする等の指導を進めています。又口の中に入れるものについても、コーヒー、チョコレート、紅茶等の摂取量を減らすとか、インスタント食品やファストフードをあまり食べないとかの地味ではあるが金属アレルギ-の症状緩和の方法としてかなり有効ではあります。矯正治療においては、歯医者は矯正装置として金属製のものが利用します。そして、それが一つの形になっています。いろんな方向に生えていく歯を矯正装置を使って正常な方向に導くのがその役割です。しかしながら、金属で出来ています。普通、1年半から2年程度で取り外ししますので金属歯のように長期に渡って、金属が溶け出し続けるということはありません。しかし、過度の金属アレルギ-状態になっていたら、影響が出ますので装置やワイヤーの材質を金属以外のものがつかわれることが望ましいです。チタンをはじめセラミック、ジルコニア、プラスチック、ゴム等の材質を使うことが可能です。現在は、半田市の歯医者さんも含めて日本の歯医者さんは金属アレルギーの患者さんにはチタン合金の矯正装置を使っています。装置やワイヤーを使用します。又、インビザラインなどの透明なプラスチックの板で矯正を行う方法は金属を使わないので金属アレルギー対策として良い矯正治療方法です。地元半田市のでも、積極的に治療に取れ入れられつつあります。


  • 採用情報
  • 出っ歯
  • 叢生
  • 受け口
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 交叉咬合
  • スタッフ紹介
  • 虫歯治療Q&A
  • 矯正治療Q&A
  • ブログ
  • デンタルローン

お問い合わせ

お問い合わせ